ホーム活用導入事例>信用金庫様 【不動産担保評価のコスト削減】
信用金庫様 【不動産担保評価のコスト削減】

BizXaaS MaP は、244の信用金庫が利用する「しんきん共同システム」のサブシステムである、「自己査定システム」「不動産担保評価システム」に、地図情報や地価情報をネットワーク配信しています。
コミュニティクラウドでの利用により単独でシステムを導入するよりも大幅にコストを抑えることが可能です。


導入前の課題

金融機関に求められるリスク管理は、年々高度化し、複雑なものになっています。融資系サブシステムである「自己査定」や「不動産担保評価」といったシステムに対しても要求される機能レベルが高くなっています。そういった中で各信用金庫が個別に構築する場合、費用やデータ連携、事務負担の増加など課題が大きくなってきました。

課題

・ システム構築費用の増加
・ 融資関連システムのデータ連携が難しい
・ 二重登録などの事務負担の増加

対策・効果

NTTデータでは、現在244の信用金庫が利用する勘定系共同利用センターである「しんきん共同システム」を提供しており、そのサブシステムとして「自己査定システム」「不動産担保評価システム」を提供することになりました。
特に不動産担保評価システムは、BizXaaS MaPとの連携により、従来よりも大幅なコストダウンを実現しました。
BizXaaS MaPはコミュニティクラウドや全社システムの地図基盤として活用することで、コストメリットや業務の高度化をサポートしています。

メリット

・ 共同利用型による大幅なコストダウン
・ データの一元管理で事務負担の低減

信用金庫様 【不動産担保評価のコスト削減】 サブシステム統合 融資稟議支援システム ・融資申込時の定性データの一元管理
・稟議書の作成及び保有・蓄積
信用リスク管理システム ・財務登録自由度の向上
・財務情報の一元管理
信用格付支援システム ・信用格付算出モデルの設計
・信用格付の算出
融資統合システム ・財務分析機能の信用リスク管理への移行
・信用格付を元にした与信判断機能の実装
・イベント発生時の都度査定の実現
・不動産担保情報の管理
・オンライン連携機能の拡大
融資関連作業の最適化 各種データの一元管理 都度査定(債務者区分)の実現 連携 勘定系連携機能強化 勘定系システム ・オンライン連携機能強化
・保有データの最適化
勘定系元帳 自己査定支援システム ・各種イベント時の都度査定
・定性情報の見直し
不動産担保評価システム ・不動産担保情報の管理
・不動産担保の一括洗替
(DSPセンター) ・地図情報の配信
・基準地価、公示地価、路線価格情報の配信
地図データ 公示地価 路 線 価

お問い合わせ・資料請求:BizXaaS MaP
お電話でのお問い合わせ:050-5546-9940 お問い合わせ・資料請求:BizXaaS MaP

アプリケーション

・顧客管理
・物件管理
・店舗管理
・SFA(営業支援)
・フィールドサービス
・エリアマーケティング
・診療圏レポート

ビジネスコンテンツ

・住宅地図
・地図情報
・地価情報
・都市計画情報
・ブルーマップ
・モバイル空間統計
・企業情報
・エリア特性データ
・統計情報
・不動産情報
・画像データ
・交通情報
・その他各種業務コンテンツ

BizXaaS MaP API

・地図表示機能
・認証機能
・ルート検索機能
・モバイル地図

製品・サービス  関連活用事例

・活用導入事例一覧

お客様専用ページ:BizXaaS MaP 新着情報一覧:BizXaaS MaP 用語集:BizXaaS MaP 豆知識:BizXaaS MaP 地図記号:BizXaaS MaP ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定サイトASPアワード2008