お客様専用ページ 株式会社NTTデータ
メニュー表示ボタン

地価情報

路線価、公示地価、基準地価をご利用いただけます。
BizXaaS MaPでは、簡単操作で地図上に表示できるので、地価を調べる手間が大幅に効率化できます。
また、不動産担保評価システムと連携することで、より高度な活用が可能です。

路線価

路線価には、相続税路線価と固定資産税路線価の二種類があります。一般的に路線価というと相続税路線価のことを指します。
相続税路線価とは、相続税および贈与税の算定基準となる土地評価額のことで、国税庁が毎年7月に公表する、
路線価図および評価倍率表から構成される「財産評価基準書」によって定められる、同年1月1日時点の価格です。
BizXaaS MaPでは、矢線形状、路線価格、履歴情報や新旧矢線情報など他多数のデータを提供しています。

公示地価

公示地価とは、日本政府(国土交通省)が毎年3月に公示する、1月1日時点の土地価格のことで、一般の土地の取引価格に対し
指標を与えるとともに、公共用地の取得、国土利用計画法に基づく土地取引価格の判断基準として公表されています。
BizXaaS MaPでは、公示価格、地点情報、地積情報、履歴情報など他多数のデータを提供しています。

基準地価

基準地価とは、都道府県が毎年7月1日時点における地価であり、市場の取引価格としての土地価格を、
不動産鑑定士の意見を参考に調査したものです。 BizXaaS MaPでは、基準価格、地点情報、地積情報、履歴情報など他多数のデータを提供しています。

地価情報利用事例

・担保評価、相続税の確認

・企業の保有財産管理

活用導入事例

長谷工コーポレーション

株式会社 長谷工コーポレーション様
「BizXaaS MaP」のクラウドサービスを営業系基幹システムへ組み込み実装
業務効率が大きく向上し、営業力・提案力の強化にも成功
マンション建設で業界トップを誇る大手ゼネコンの長谷工コーポレーションは、長年使ってきた営業系基幹システムに、NTTデータのクラウドサービス「BizXaaS MaP」を組み込んで実装した。常に最新の地図データを利用できるクラウドサービスと、既存の営業系基幹システムとを1つにまとめたことで、土地情報収集、事業企画、提案などに取り組む営業担当者の業務効率は大幅に向上。

信用金庫様 【不動産担保評価のコスト削減】

信用金庫様
不動産担保評価のコスト削減

不動産担保評価システムは、BizXaaS MaPとの連携により、従来よりも大幅なコストダウンを実現しました。
BizXaaS MaPはコミュニティクラウドや全社システムの地図基盤として活用することで、コストメリットや業務の高度化をサポートしています。

銀行様 【不動産担保評価システムの構築】

銀行様
不動産担保評価システムの構築

BizXaaS MaPでは、不動産担保評価で必要となる住宅地図や地価情報(基準地価、公示地価、路線価)、都市計画情報などのコンテンツをネットワーク配信。 不動産担保評価システムの構築・運用にかかわる手間を削減し、システムの高度化を実現した事例です。

銀行様 【統合地図基盤の構築によるシステム最適化】

銀行様
統合地図基盤の構築によるシステム最適化

銀行内で利用している住宅地図、地価情報、ブルーマップなどのコンテンツをBizXaaS MaP に統合。顧客管理・担保評価などの各システムから利用する統合地図基盤とすることで、コンテンツとシステムの調達・運用の手間を最小化し、全体最適化を実現しています。

BizXaaS MaP に関するお問い合わせはこちら

お問い合わせページへ