Google Maps

10年以上、金融業界・不動産業界を中心に地図システムを提供してきた実績をもとに、お客様とって最適なソリューションをご提案いたします。
また、法人利用だけでなく、コンシューマ向けサービスの提供実績もあり、安定したサービス提供のノウハウを活かして取り組んでおります。

news Google Maps ポリシー変更について

2016年 6月 22日(米国時間)、 Google Maps API の標準プランに関する利用規約が変更されました。いままで無償で使えていたケースが有償になり、そのままだと利用できなくなる場合があります。
詳細はGoogle社のお知らせ(Google社のサイトへ遷移します)をご覧ください。

NTTデータでは、無償で利用されているお客様、これから利用しようとしているお客様に対し、最適なプランをご案内いたします。
→お問合せはこちらから
Google Cloud Partner

ライセンスのお見積もりなど、
こちらからお気軽に
お問い合わせください。
googlemaps@kits.nttdata.co.jp

お問い合わせ
※メーラーが起動します

特長

NTTデータは、株式会社ゼンリンと協業し、長年、地図サービスを提供してきました。
株式会社ゼンリンは、 Google Maps のベースとなっている地図を制作していることから、これまで蓄積したノウハウを最大限に活かすことができ、お客様に高度かつ高品質の 地図関連ソリューションをご提供できるよう取り組んでおります。


地図サービスの豊富な実績

NTTデータは、金融業界をはじめ不動産業界、流通・小売、コンシューマ向けサービスなどさまざまなシーンで地図を利用したシステムを開発・運用してきました。
この豊富な実績をもとに、 Google Maps の効果的な活用をご提案いたします。

ライセンスがワンストップで揃う

NTTデータでは、 Google Maps のライセンス提供に加え、物件や顧客などの情報を管理するアプリケーションもご用意しております。
さらに、NTTデータは、Salesforce の正規代理店でもあり、Salesforce と Google Maps の連携も容易に実現可能です。
ライセンスの提供からカスタマイズなど、すべてをワンストップで対応いたします。

多彩なビジネスコンテンツ

NTTデータでは、企業情報をはじめ電話帳データや不動産情報など、 Google Maps とともに活用可能なビジネスコンテンツを多数ご用意しております。
追加コンテンツの活用で、 Google Maps の利用価値を高めることができます。

プラン

Google Maps API プレミアムプラン(有償版)

ライセンスは5つのプランがあります。

標準プラン利用規約(Google社のサイトへ遷移します)をご参照ください。


【有償版の判断基準】

お問い合わせ

ご契約の流れ

契約の流れ:お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

契約の流れ:ヒアリング

利用方法や利用条件など、ご要件をお伺いいたします。

契約の流れ:お見積り提示

お客様に最適なプランをご提示いたします。

契約の流れ:ご契約

ご契約手続き後、Google社へクライアントID発行申請を行います。

契約の流れ:ご利用開始

ウェルカムレター(クライアントID記載)を自動送付します。

活用例

不動産会社様における物件管理

Google Maps を活用し地図上での物件管理を実現した事例です。
Google Maps なら航空写真やストリートビューも使えるので、自席にいながらにして現地の状況を調べることが可能です。

【メリット】
・使い慣れた Google Maps で物件管理を実現し使いやすい
・航空写真やストリートビューで周辺情報をより把握できる
・物件管理アプリケーションもクラウド利用で運用の手間がない


顧客管理システム(SFA/CRM)での活用

Google Maps を既存の顧客管理システム(CRM)に組込み、営業ツールとして活用している事例です。
APIの活用で、簡単に既存システムへ地図を組み込むことができました。

【メリット】
・顧客情報をマッピングする手間がなくなり便利になった
・訪問計画が効率化され営業件数が増えた
・APIによる連携で既存システムに簡単に組み込めた

お問い合わせ
掲載されている会社名・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
↑TOPへ戻る