ホーム豆知識>豆知識No.3〜No.5

【No.3】お金持ちの探し方
【No.4】顧客の見えるコールセンター
【No.5】資料の超管理術

【No.3】お金持ちの探し方

個人情報保護法が施行され、エリアマーケティングを行う上で、安心して利用できる有効な情報が少ないと頭を抱えている方も多いと思います。

例えば、お金持ちの顧客をリストアップするため、扱いの難しい個人情報を購入していませんか?

お金持ちの所在は、

● 都市部における広い地家の所有者
● 個人経営病院の一覧
● 高級マンションの一覧

で代用できると思います。

皆様の会社で、求めている客層、地域特性等があれば教えてください。
BizXaaS MaPでご用意できるかもしれませんよ。

【No.4】顧客の見えるコールセンター

近年、コールセンターの役割は電話対応にとどまらず、FAXやWEB・Eメールによる問い合わせに対応し、コンタクトセンターという呼び方が使われるようになりました。
また、コスト削減のため、地方や海外にコールセンターを設置する企業様も見受けられます。

しかし、顧客とオペレータの位置が遠く離れたことにより、ちょっとした問題が出てきました。
それは、顧客とオペレータの地理的感覚の"ズレ"です。
地理的な情報を言葉だけでやり取りすることは、とても難しいことで、対応に手間取るケースがあるようです。

住宅地図を用いれば個人宅まで特定可能なので、道案内をはじめとして、緊急性を要する駆け付け対応などでお役立ていただけると思います。
また、航空写真や衛星画像を合せて表示すると、コールセンターに居ながらにしてその地域の雰囲気を知ることができます。

地図情報を顧客情報と連携して瞬時に表示したり、簡単な検索方法で目的地の地図を表示できれば、お客様をお待たせすることなく、効率の良い対応が可能になるのではないでしょうか。

【No.5】資料の超管理術

今回は資料管理のお話。

大量の資料が分厚いファイルの中にたくさん。
目的のものを探すのに一苦労なんてことはよくあります。
今は、パソコンの中で資料が迷子なんて話も。
そこで、資料を電子地図で管理してみてはいかがでしょう?

「今夜おいしいご飯が食べたい」
「週末に出かける温泉宿を探したい」
そんな探しもの時に活躍する、情報ポータルサイトで使われているのが、地図上での情報管理。

例えば、事故調書や物件管理資料など、位置情報ごとに分類できる資料を、電子地図上で管理。
地図なので、正確な住所がわからなくても、「このへんだったかな?」と、ある程度地域を絞り込んで検索すれば、資料を見つけだすのも楽々。

ファイルでの管理に疲れたら、ぜひ地図での資料管理をお勧めします。
お問い合わせ・資料請求:BizXaaS MaP
お電話でのお問い合わせ:050-5546-9940 お問い合わせ・資料請求:BizXaaS MaP

アプリケーション

・顧客管理
・物件管理
・店舗管理
・SFA(営業支援)
・フィールドサービス
・エリアマーケティング
・診療圏レポート

ビジネスコンテンツ

・住宅地図
・地図情報
・地価情報
・都市計画情報
・ブルーマップ
・モバイル空間統計
・企業情報
・エリア特性データ
・統計情報
・不動産情報
・画像データ
・交通情報
・その他各種業務コンテンツ

BizXaaS MaP API

・地図表示機能
・認証機能
・ルート検索機能
・モバイル地図

製品・サービス  関連活用事例

・活用導入事例一覧

お客様専用ページ:BizXaaS MaP 新着情報一覧:BizXaaS MaP 用語集:BizXaaS MaP 豆知識:BizXaaS MaP 地図記号:BizXaaS MaP ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定サイトASPアワード2008