ホーム豆知識>豆知識No.14〜No.15

【No.14】進化しつづける渋滞予測技術
【No.15】身近になったエリアマーケティング

【No.14】進化しつづける渋滞予測技術

知らない場所での道路交通渋滞の把握、新制度になり複雑になった高速道路料金の表示など、昨今のドライブにかかせなくなったカーナビゲーション。
それを支えるのが渋滞予測技術です。

現在では、高速道路渋滞情報一般的な交通渋滞などのリアルタイム交通情報を利用し、日本全国の一般道も含めた渋滞状況や到着予想時間をより高い精度で予測する技術が開発されています。

この渋滞予測技術は、ドライブの支援だけではなく、幅広い分野に高い経済効果をもたらしています。

例として、物流事業等では、効率的な経路を選定し、最適な配送計画を支援。
事故などの突発的な事態にも対応して最適経路を算出し、燃費改善などコストの削減に役立っています。

また、店舗から車でかかる時間を算出し商圏分析を行い、それをもとに、出店計画や集客の立案に活用したり、緊急時に駆けつけるロードサービスやセキュリティサービスなどにも応用されています。

道路状況の未来を把握し、リスク排除やコスト削減につなげられる最新の渋滞予測技術
そこから新たなビジネス展開を考察してみるというのはいかがでしょうか?

【No.15】身近になったエリアマーケティング

エリアマーケティングとは特定のデータをもとに各地域ごとの特性を設定、それに基づきマーケティングを行う手法のことです。
有名なものでは、大手ファーストフード店のキャンペーン活動とその効果分析などが挙げられますが、一般的にはソフトウェアなどを導入し行われています。

出展計画売り上げ分析潜在顧客の抽出など、様々な業務に利用できるエリアマーケティングですが、ソフトウェア等を導入する際に、業種・業務に特化した内容で個別にカスタマイズを行うことが多いようです。

ソフトウェア等を利用する場合、そもそも金銭的な余裕がなく高額なソフトウェア導入ができない、ソフトウェアの操作、抽出したデータ分析などの技術を習得する人的な余裕がない、といった導入前の問題や導入後の効果が示しづらい結果が実務に生かせていないといった問題があるようです。

最近では上記の問題を踏まえて、「すでに導入実績のある分析手法」とそれに必要なデータを業種や業務に応じて選択して使用できるというものやデータやツール自体をSaaS型で配信するというものもが登場してきています。
これらは導入後すぐに利用でき、操作、分析に必要な知識も今までより少なくて済みます。
部品単位での導入も可能なので、すでにツールを導入済みの場合でも、必要な機能や新たなデータの追加が容易にできます。

また、社内で利用されているSFA(営業支援)CRM(顧客関係管理)との連携により、結果をより直感的に営業業務に活かせるという利点もあります。

今まで敷居が高く導入を躊躇していた企業様や、導入したツールをうまく活用できていない企業様にも、お勧めのツールです。
お問い合わせ:BizXaaS MaP
お電話でのお問い合わせ:050-5546-9940 お問い合わせ:BizXaaS MaP 資料請求:BizXaaS MaP

アプリケーション

・顧客管理
・物件管理
・店舗管理
・SFA(営業支援)
・フィールドサービス
・エリアマーケティング
・診療圏レポート

ビジネスコンテンツ

・住宅地図
・地図情報
・地価情報
・都市計画情報
・ブルーマップ
・モバイル空間統計
・企業情報
・エリア特性データ
・統計情報
・不動産情報
・画像データ
・交通情報
・その他各種業務コンテンツ

BizXaaS MaP API

・地図表示機能
・認証機能
・ルート検索機能
・モバイル地図

製品・サービス  関連活用事例

・活用導入事例一覧

お客様専用ページ:BizXaaS MaP 新着情報一覧:BizXaaS MaP 用語集:BizXaaS MaP 豆知識:BizXaaS MaP 地図記号:BizXaaS MaP ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定サイトASPアワード2008