お客様専用ページ 株式会社NTTデータ
メニュー表示ボタン
用語集

縮尺 【カテゴリ:GIS】

縮尺とは

縮尺とは、地図上の距離と実際の距離との比を表わしたものです。

地図の縮尺は一般的に、1/1500のように、実際の距離を分母、地図上の距離を分子とする分数で表現されます。

地図上に、1/1,500と表記されている場合、実際の1500僉15m)の距離が、地図上で1僂派修錣気譴討い襪箸いΔ海箸砲覆蠅泙后

日本の国土地理院の地図の場合、1/500〜1/2,500を大縮尺、1/1万〜1/5万を中縮尺、1/10万より小さい場合を小縮尺といいます。
大縮尺の1/2,500、1/5,000は国土基本図、中縮尺の1/25,000、1/50,000、1/10,000は地形図と呼ばれています。
小縮尺の1/20万は地勢図、1/50万は地方図、1/100万、1/500万は国際図とそれぞれ呼ばれています。

BizXaaS MaPでは、1/20万の地勢図をベースとした全国図データ(※1)と、1/25,000の地形図をベースとした道路地図データ(※2)をご提供しています。

また、約1/2,500縮尺相当のゼンリン住宅地図では、建物・家形名称及び建物属性情報を含むデータの更新を毎月行い、日本全国分をご提供しています。

(※1) 全国図データで表わしている主なものは、下記です。

  • 山地、河川、海岸線などの地形
  • 主要な道路、鉄道などの交通網
  • 行政名、自然地名、道路名、記号

(※2) 道路地図データで表わしている主なものは、下記です。

  • 山地、河川、海岸線などの地形
  • 道路、鉄道などの交通網や行政界といった無形物
  • 行政名、自然地名、施設名、道路名、記号

関連用語
BizXaaS MaP の「縮尺」関連サービス・製品
縮尺の関連利用事例
  • 各種宅配、運送業
  • 不動産、宅建関連の物件管理
  • 自治体、官公庁における住民サービス
  • コールセンターによる、道案内等
BizXaaS MaP に関するお問い合わせはこちら

お問い合わせページへ