ホーム用語集>日本測地系

日本測地系 【カテゴリ:GIS】

日本測地系とは?

日本測地系とは、東京天文台の経度・緯度の測量結果を用いて表された、日本独自の位置(経度・緯度)の基準のことです。

日本では、明治時代に天文観測により決定された「東京天文台の位置」が、絶対的な位置(経度・緯度)の基準となっていました。

これを基準として特定の位置を表す方法が、「日本測地系」と呼ばれています。

しかし、GPSなどの発達により、日本測地系にずれやゆがみがあることが分かりました。

そこで、世界で共通に利用できる位置の基準である「世界測地系」をもとに、

世界測地系の一部を日本用に構築した「日本測地系2000」と呼ぶ測地系を、2002年4月より用いることになりました。

国土地理院提供のインターネット地図やゼンリン住宅地図・広域地図などは、この「日本測地系2000」が採用されています。


関連用語


お問い合わせ:BizXaaS MaP
お電話でのお問い合わせ:050-5546-9940 お問い合わせ:BizXaaS MaP 資料請求:BizXaaS MaP

アプリケーション

・顧客管理
・物件管理
・店舗管理
・SFA(営業支援)
・フィールドサービス
・エリアマーケティング
・診療圏レポート

ビジネスコンテンツ

・住宅地図
・地図情報
・地価情報
・都市計画情報
・ブルーマップ
・モバイル空間統計
・企業情報
・エリア特性データ
・統計情報
・不動産情報
・画像データ
・交通情報
・その他各種業務コンテンツ

BizXaaS MaP API

・地図表示機能
・認証機能
・ルート検索機能
・モバイル地図

製品・サービス  関連活用事例

・活用導入事例一覧

お客様専用ページ:BizXaaS MaP 新着情報一覧:BizXaaS MaP 用語集:BizXaaS MaP 豆知識:BizXaaS MaP 地図記号:BizXaaS MaP ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定サイトASPアワード2008